Health

WHO.新型コロナウィルス決議案に同意するも 台湾参加案件は、下半期へ検討持越し

中国より圧力でWHO.新型コロナウィルス決議案に同意するも 台湾参加案件は、下半期へ検討持越し 最終日となった19日のWHA(世界保健総会)では、 EU(欧州連合)主導により提案されている 新型コロナウィルスに関する検証を求める決議案が論点となった。 この決議案は、同様に日本、アメリカ、ドイツなどからも共同提案されている。 WHO(世界保健機構)には、ウィルスに対する手段や 初動対応を十分に検証すべきであるという決議案が提案されていて、 今回のWHA(世界保健総会)で、 WHO(世界保健機構)及び中国も、この提案に同意した。 テレビ会議システムで開催されたWHA(世界保健総会)で、 中国・習近平主席は 「新型コロナウィルス終息後、WHO(世界保健機構)主導で行う検証を支持する」とし、 中国の「開放的かつ透明的、責任感のある対応」を強調。 アメリカを中心に巻き起こっていた「中国責任論」を払拭したい狙い。 中国は、今後2年間に渡り、約2147億円を拠出するとも発表。

「刀剣乱舞」:初の女性キャスト起用で注目。あの元宝塚・七海ひろきが細川ガラシャ役に期待大、コロナ収束間に合うか?

今年夏公開予定舞台、元宝塚歌劇団星組男役スターの「七海(ななみ)ひろき」が、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原作となる「刀剣乱舞」で「細川ガラシャ」役として出演が決定。同舞台シリーズで、女性キャストが抜擢されるのは初めとなる。 キャスト陣 七海ひろきといえば、宝塚きっての二次元ヲタク。元宝塚の男役で身長173.5センチ、声優経験もあります。 今回の新型コロナウィルス騒動は世界史上最悪の感染、死亡のケースがあり、アメリカの「9.11」より問題が大きいのではないでしょうか。夏位には日本でも停滞する事を期待しますが、このような時期に集団感染リスクがある舞台公演の発表はいかがでしょうか。もちろん、リスクがあれば舞台の開催時期は考慮されるでしょうが事前に舞台の稽古など人人感染のリスクもあり簡単ではないでしょう。 新型コロナウィルスの状況で公演方針が変更される可能性もありますが、宝塚ファンの方も必見ですね。 華麗なる舞台 多くのファンが開催を待ち望むのでしょうが、素晴らしい出演者の方たちも一人の人間ですので、感染リスクと健康を気にかけてお仕事をして頂きたいですね。 この舞台「刀剣乱舞」は刀剣育成シュミレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした2.5次元作品。2.5次元舞台でどんな演技をされるのか気になる所ではないでしょうか。元宝塚の男役スターを女性役としてのキャスティング、ビジュアル的なギャップが注目ですね。*2.5次元舞台:原作がアニメや漫画(2次元)を元にした舞台(3次元)で、間を取って2.5次元という括りになります。 ビジュアルギャップが注目! 2016年に初演より、『刀剣乱舞』のメディアミックス展開として迫力のある殺陣や重厚なストーリー、キャストと人気を博し、今回も期待される。 元宝塚の男役スターの七海さんが気合十分に意気込みを語っています。・「宝塚歌劇団退団して舞台で女性を演じるのは初めて」・「私にとって、新たな挑戦です。このような状況の中での発表となりますが、舞台に立つからには自分にできる最大限を発揮できるように精進致します」と気合十分に語っている。 現時点での感染者状況をみると、6月中の感染者数が0になるのは難しいと予想します。まだまだ、安心が出来ない状況で、もし会場の隣の席で誰かが咳をしたり、鼻をすする音が聞こえてきたら安心して上演を楽しめないのではないではないでしょうか。上演する側、観客にも責任が問われる、このご時世ですので、開催による集団感染の危険性により開催時期の見合わせが考えられるかと思いますので、スケジュールは再度確認が必要でしょう。 <<『舞台「刀剣乱舞」2020年夏公演』の上演予定>>6月12日~14日:東京・天王洲 銀河劇場6月23日~7月5日:兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe6月10日~6月12日:福岡サンパレス ホテル&ホール6月17日~8月2日:東京・品川プリンスホテル ステラボール6月5日~8月9日:東京・日本青年館ホール

極秘理由・コロナウィルス研究長官石正麗、COVID19コロナウィルス内証書類を持って家族と一緒にフランスの米大使館に逃亡の驚きの事実!

中国コロナウィルス研究長官石正麗 4月末、1000点以上もの武研究所関連の資料を持って在フランス米国大使館に亡命した、とされていたコロナウィルス研究所の石正麗(セキセイレイ)主任は、5月2日にWeChat(中国版LINE)にて、今までの”亡命説”報道を結論しました。 環球時報サイトの情報によると、コウモリの持つウィルス研究に尽力してきた彼女達チームは、一連の陰謀説にとても困惑及び心外だったとの事。 世界保健機関WHOは「米から中国側のコロナウィルスの失策する証拠は提出されず」と発表しました。 WeChat内文章では、”親愛なる皆さん、私と家族は無事に過ごしています。どんなに多くの困難があろうとも、亡命の噂にでてくるようなことはありえません。我々は何も間違ったことはしていませんし、我々の心には、科学への硬い信念が存在しています。いつか必ず雲がはれ太陽がでる日があると思っています”と書かれていたそうです。 彼女が2月にアメリカの科学誌「サイエンティフィック・アメリカン」のインタビューで語っていたところによると、「昨年12月30日に上海からの情報を知った時、まさかこのような事態が中国の中心部・武漢でおきるとは何かの間違えではないか」と感じながらも、「まさか、自分たちの研究所から漏れたのだろうか?」と自問自答していたとのこと。 去年の10月アメリカで起こしたインフルエンザとコロナウィルスの関係があるでしょうか? 16年来の研究結果で、広東、広西、雲南など中国南部で見られる、特にコウモリを媒介とするコロナウィルスは人類に最大の危機を与えると分かっていた彼女は、コロナウィルス患者からのサンプル検体の検査で、それらのウィルス配列が、自分たち研究チームが扱っているコウモリのウィルス配列と、どれも一致しないことが分かり、胸を撫でおろしたそうです。 中央通訊社によると、2月2日の時点で、彼女はすでに、こう言った報道を否定しており、「この新型コロナウィルスは、実験室からもれたものではなく、自然界が非文明的な生活をおくる人類にあたえた罰だ」と語っています。 5月1日には、世界保健機構(WHO)公衆衛生緊急計画実行主任のマイケル・ライアン氏は、 「このウィルスが自然界から来たことは確実だ」とも表明しています。 ウィルスが自然界からのものであるなら、確かに我々の生活自体を全ての観点から見直さなくてはいけないのだと思います。ただ、陰謀説にしろ、陰謀否定説にしろ、現在でもその勢いが留まることを知らないこのウィルスを前にしては、ただの水掛け論。 一日も早い、自体の終息に尽力すること、そして、そのウィルスの起源を透明度の高い調査ではっきりとさせることが、全世界の人々が納得し、新しい未来へと進んでいける唯一の方法なのではないでしょうか?
All countries
528,295,783
Total confirmed cases
Updated on 2022年5月24日 5:54 AM
Italy
17,257,573
Total confirmed cases
Updated on 2022年5月24日 5:54 AM
Spain
12,238,073
Total confirmed cases
Updated on 2022年5月24日 5:54 AM
Iran
7,230,321
Total confirmed cases
Updated on 2022年5月24日 5:54 AM
Germany
26,103,628
Total confirmed cases
Updated on 2022年5月24日 5:54 AM

Latest Updates

残業できず生まれた「暗黙ルール」 200万人が「もっと働きたい」

ご存知ですか?人類は感情的な生物で効率的なことを考えてばかりですが、実は相当矛盾を持つ生き物なんです。 例えば昔、残業が出ると、文字だけでも嫌な感覚がなってきます。ですが状況を変えて、「もし今日この仕事が終わったら、三日間休みできる」という前提があれば、突然、あなたは嫌な感覚がなく、残業を始められるかもしれません。これは、どうしてこうなるだろ? この状態を分析すると、重要なのは「状況」と「立場」が関係してきます。「状況」は皆同じだが、「立場」は会社と社員とで少し違ってきます。 今の「状況」はどの国でも良いとは言いません。コロナ禍のせいで就職が足りない、糧を得るための仕事もどんどん減っています。働く時間も減り続け、家で過ごす時間も増え、待つしかできない状況になります。こういう状況では、人々の立場も変わります。 収入が足りないと「立場」が変わり、「もっと働きたい」と気持ちが変化してきます。効率的に考えると勤務時間が多ければ多いほど、保障ができるのは簡単な計算です。感情面では「働かなくても生きられる」状態にしたいのです。ですが、仕事をするけど、勤務時間が足りない、残業もできなくなると、逆にもっと働きたくなります。

SARS-CoV-2抗体関連(用語-参考文系一覧)

SARS-CoV-2抗体関連  Clinical and immunological assessment of asymptomatic SARS-CoV-2 infections.  Long QX, et al. 〔Nat Med....

in vitro試験(用語-参考文系一覧)

 Remdesivir and chloroquine effectively inhibit the recently emerged novel coronavirus (2019-nCoV) in vitro.